ホームスポンサー広告 ≫ 入所施設と訪問・通所サービスホーム福祉 ≫ 入所施設と訪問・通所サービス

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入所施設と訪問・通所サービス


高齢者や障害者を対象にしていても、職場の種類によって働き方は変わります。

介護サービスは、利用者が入所して集団生活を送る施設と、自宅など地域に暮らす

人を対象にした訪問・通所サービスのふたつに大きく分けられます。

入所施設では、たくさんの職員が協力して仕事をします。

24時間介護が必要な場合は、シフト制勤務で、日勤に加えて夜勤もあります。

通所サービスは、入所施設同様、たくさんの職員でチームを組んで仕事をします。

利用者の送迎が重要な仕事となり、車の運転ができる人が求められます。

また、宿泊サービスをしていなければ、通常、夜勤はありません。

訪問サービスは、基本的にはスタッフがひとりで利用者宅を訪問します。

地域内での頻繁な移動が必要となり、車、バイク、自転車などを利用します。

1件当たりの訪問時間が細かく区切られているため、パートタイムで勤務する

職場もたくさんあります。

多くは朝から夕方にかけての仕事ですが、夜間の訪問介護サービスもあります。

最近の傾向は、大規模な施設での集団生活よりも、自宅や高齢者向け住宅などで

暮らしながら在宅介護サービスを利用することが推奨されています。

従って、在宅介護は発展が見込まれる分野と言えます。

大きい組織に就職すると、配置転換で入所施設から通所サービス、訪問サービス

などへ異動して働くことも珍しくありません。

相談援助職では、入所施設や通所施設の相談員として働く場合と、相談機関に

所属して、広く相談を受け付ける場合とがあります。

施設では、介護職員や医療職員、ケアマネジャーなどと連携しながら仕事をします。

相談機関では、利用者が安心して暮らせるように、地域のさまざまなサービスを

組み合わせたり、隣近所の人に協力をお願いすることなどもあります。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。