ホームスポンサー広告 ≫ 福祉の資格は必要かホーム国家資格 ≫ 福祉の資格は必要か

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉の資格は必要か


福祉の仕事に就くために、資格が必要かと言うと、必ずしも必要ありません。

資格がなくても介護や相談援助の仕事に就くことは、法律的には可能なのです。

しかし、現実的には、未経験で無資格の人が職に就くことは難しくなっています。

プロとして福祉の仕事に就くと決めたなら、専門性を身に付けるために、また、

身に付けた証明として、さまざまな資格の取得を目指しましょう。

介護職に就きたい人で、すでに社会人だったり、新卒でも福祉系大学でない人は

介護職員基礎研修(旧ホームヘルパー2級)を受講することをお薦めします。

夜間や土日をりようした講座がたくさん開催されています。

めでたく介護職就いたら、仕事をしながら介護職員実務者研修を修了しましょう。

3年間の実務経験を積んだら、国家資格の介護福祉士試験を受験することができます。

一方、相談援助職に就きたい人は、そもそもポストが少ないこともあり、何の経験も

資格もない人が採用されることは少ないのが現実です。

もし、相談援助職を望むなら、国家資格の社会福祉士精神保健福祉士の取得を

目指したほうがいいでしょう。

現在、社会人の場合、まずは、介護職などで福祉の仕事を経験し、社会福祉士や、

社会福祉主事任用資格を目指して、相談職へ転向するのがお薦めルートです。

現在、高校生など、これから大学や専門学校への進学が可能であれば、まずは、

介護福祉士社会福祉士の国家試験受験資格の得られる学校がいいでしょう。

資格を取りやすいだけでなく、福祉系の学校でしっかり学ぶことは、知識や技術の

修得にも、将来、福祉業界で相談できる人脈作りにも役立つはずです。

福祉の仕事では、ある程度の人生経験や人柄が重視されます。

どんなに知識があっても、学校を出たての若者が人生経験豊富な高齢者の気持ちに

寄り添うことは、容易ではありません。

そのため、福祉の仕事は、中高年になってからの参入も、歓迎されています。

中高年にとって、福祉業界は、それまでの人生経験を活かしながら、新しい道を

切り開ける可能性があるのです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。