ホームスポンサー広告 ≫ 介護福祉士とはホーム国家資格 ≫ 介護福祉士とは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士とは


介護福祉士は、身体や精神に障害があり、日常生活を送るのに何等かの支障がある人にたいして、入浴、排泄、食事などの介助を行ったり、本人や家族などに介護に関する指導を行う専門能力を持つと証明する資格です。

その人の心身の状況に合わせた適確な介護を行うために、介護に関するさまざまな知識と技術が必要となります。

国家資格であり、取得するには専門学校や短期大学卒業程度の知識と技術が必要です。

福祉系の資格の中では、やや取るのが難しい資格と言えます。

2011年からは、たん吸引など、それまで看護師などにのみ認められた一部の医療行為が、研修を修了することで介護職員でも実施できるようになりました。

一方、2013年に、それまでのホームヘルパー2級・1級と介護職員基礎研修が廃止されました。

同時に、介護職員としてのキャリアパスは、介護職員初任者研修修了者から介護福祉士実務者研修を修了して介護福祉士というルートに一本化されました。

一本化の方針が厚生労働省から発表された2004年以降、介護福祉士試験の受験者数は年々増加しています。

高齢者が増え続ける将来を見据えると、介護福祉士の資格の需要も、ますます高まっていくと思われます。

介護職員としてキャリアアップしたければ、介護福祉士は、ぜひ取得しておきたい資格です。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。