ホームスポンサー広告 ≫ 相談業務を担う職種と配置している施設の役割ホーム相談援助 ≫ 相談業務を担う職種と配置している施設の役割

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談業務を担う職種と配置している施設の役割


相談業務を担う職種は、医療機関と高齢者施設とに大別できます。

まず、医療機関における相談業務を担当するのは、医療ソーシャルワーカー(MSW)と精神科ソーシャルワーカー(PSW)になります。

社会的入院が増加する中で、療養が終了しても疾病以外の理由により退院できない患者への支援が必要になっています。その支援に対応するため、ソーシャルワーカーが配置されています。

次に高齢者施設ですが、さらに、介護保険施設と老人福祉施設とに分類できます。

介護保険施設のうち、指定介護老人福祉施設は、特別養護老人ホームが介護保険の指定事業所となったもので、入浴、排泄、食事といった介護サービスを提供し、さらにターミナルケアなど、利用者の生活を継続的に支援する役割を担っています。

ここで相談業務を行っているのは、生活相談員と介護支援専門員です。

また、介護老人保健施設は中間施設とも呼ばれ、在宅復帰を目指して医療・看護・介護・リハビリのサービスを提供しています。

ここで相談業務を行っているのは、生活相談員と介護支援専門員です。

さらに、指定介護療養型医療施設は、医療的管理を必要とする利用者に介護やリハビリを実施します。

ここで相談業務をおこなっているのは、介護支援専門員です。

続いて、高齢者施設のうち、介護保険施設以外の介護・福祉施設にはさまざまなものがあります。

軽費老人ホームや有料老人ホーム等の施設入居者に対して、介護保険事業所の指定を受けて介護サービスを提供する特定施設入居者介護というのがあります。

そこでは、生活相談員と介護支援専門員が相談業務を行います。

次に、高齢者福祉制度制度下における養護老人ホームや軽費老人ホーム等があります。

これらの施設の利用者は、身体的には自立または軽度の介護状態ですが、環境上の問題などで在宅生活が困難となった高齢者が利用する施設として位置付けられています。

こちらで相談業務を行うのは生活相談員のみです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。