ホームスポンサー広告 ≫ 医療ソーシャルワーカー(MSW)ホーム相談援助 ≫ 医療ソーシャルワーカー(MSW)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療ソーシャルワーカー(MSW)


医療機関での相談業務は主に入院患者に対してなされ、その役割を担うのが、医療ソーシャルワーカー(MSW)です。

医療機関はの入院は、あらかじめ十分な準備を整えてから入所する介護施設とは異なり、緊急のケースがほとんどです。

そのため、入院する患者によっては、準備不足から治療費や仕事等の経済的な問題、身寄りがなく身元引受人が確保できないといった問題が発生することもあり、その解決策を求めて相談されます。

また、急性期医療機関から回復期や慢性期医療機関への転院についても、転院先の医療機関と協力して患者を支援していきます。

MSWは、相談を通じて患者の状況を把握し、その患者に適した制度や解決方法を提示して、さまざまな問題を解決につなげていきます。

長期の治療や後遺症の残る疾患で入院した患者の場合、退院後の生活に向けた支援が必要になります。

MSWは、まず必要とされる支援について、患者やその家族との相談を繰り返し行い、退院後の患者の不安を少しでも軽減できるように対応します。

最近は、社会的入院の問題もあり、入院時より入院期間を定められているため、退院が決まる前から相談を開始し、退院後に支援を行う関係機関や施設と連動して退院支援を行うようになっています。

MSWの仕事は退院したら終わりというのではなく、退院後の外来患者に対して医療機関の相談窓口としての援助を行うようになっています。

受診するうえでの不安や困りごとなどについて確認し、退院後の生活の様子を確認することで、次の援助につながっていきます。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。