ホームスポンサー広告 ≫ 特別養護老人ホームにおける生活相談員の仕事ホーム相談援助 ≫ 特別養護老人ホームにおける生活相談員の仕事

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別養護老人ホームにおける生活相談員の仕事


特別養護老人ホームには、生活相談員とういう、入所しているお年寄りやその家族の介護の関する相談に応じる仕事があります。

生活相談員は、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などの相談援助を主とする資格が必要となります。

生活相談員の仕事は、お年寄りが特別養護老人ホームに入居する前から始まります。

入所を希望するお年寄りの自宅や入院先の病院に訪問し、心身の状況を確認した上で、お年寄りの家族などから話を聞きます。

それらの情報をもとに、介護士や看護師とともに入所に向けた準備を始めます。

入所後も、病気に対する不安、金銭的な問題、介護や設備など施設に対する不満など、お年寄りや家族の相談はさまざます。

生活相談員は、それらの不安や不満を解消するために、介護士や看護師と問題に向き合うことになります。

特別養護老人ホームではさまざまな専門職が入所者の生活を支えているため、専門職間の連携を円滑に進めていくことが求められます。

その調整役としても、生活相談員の役割は重要です。

生活相談員は、日々の生活に関する相談だけでなく、入所や退去に関する相談や手続き、入退院する際の調整、ケアプランの作成などにも関わります。

また、オムツ交換や入浴介助など、直接、介護を行うこともあります。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。