ホームスポンサー広告 ≫ 特別養護老人ホームにおける管理栄養士と栄養士の仕事ホーム資格 ≫ 特別養護老人ホームにおける管理栄養士と栄養士の仕事

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別養護老人ホームにおける管理栄養士と栄養士の仕事


栄養士管理栄養士は、特別養護老人ホームに入所しているお年寄りを栄養面から支えています。

管理栄養士は、高度な知識と技術で給食管理などの栄養指導を行う専門職です。

特別養護老人ホームには、多くのお年寄りの食事を提供しますが、硬いものが噛めない、飲み込むときにむせてしまう、カロリーを制限されているなど、病気や症状により、食事に工夫が必要な場合があります。

栄養士の仕事は、献立の作成や食材の在庫管理、配膳や残り物のチェック、調理師への助言、入居されているお年寄りの栄養ケアプランの作成など多岐に渡ります。

食事を作る厨房には、栄養士のほかに調理師がいます。

特別養護老人ホームによっては、職員として調理師を雇用している場合と外部の会社と契約して調理師が派遣される場合ばあります。

どちらの場合もでも、栄養士は入居しているお年寄りの状態を把握し、調理師とともに個人に合った食事を提供することが求められています。

栄養士は、「あるお年寄りが、最近、よく食事を残すようになった」など食事の様子や体重の増減といった情報を介護士から得て、血液検査の結果や身体の状況などの情報を看護師から得ます。

それらの情報をもとに、栄養士は介護士、看護師と相談しながら、その人に必要なエネルギーや食べやすいものを考え、状態にあった食事を提供していきます。

例えば、入れ歯の調子が悪い場合には、おかずを刻んだり、ごはんをお粥に変更します。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。