ホームスポンサー広告 ≫ 福祉用具専門相談員とはホーム資格 ≫ 福祉用具専門相談員とは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉用具専門相談員とは


福祉用具専門相談員とは、福祉用具を必要としている人に対し、その人の体の状態や、その方の使用目的に応じた福祉用具を選んだり、使い方をアドバイスする専門家です。

意外と知られてない福祉用具専門相談員ですが、幅広い知識と技術が求められます。

介護保険で定められた福祉用具の販売やレンタルを業として行うには、都道府県知事の指定を受けなければなりません。

福祉用具専門相談員の資格は、都道府県知事が指定した講習を受講し、所定の過程を修了することによって取得することができます。

ただ資格を取得しただけでは、実際の相談業務、用具選定業務では通用しません。

なぜなら、単なる福祉用具の商品知識だけでなく、その用具の使用感や使い勝手、さらには調整も手掛けるには、豊富な現場経験が必要となるからです。

そのため、福祉用具専門相談員の資質向上を図り、より専門性の高い福祉用具専門相談員の育成を目的に、社団法人日本福祉用具供給協会が創設した福祉用具鑑定士や公益財団法人テクノエイド協会が実施している福祉用具プランナーといった資格もあります。

いずれも福祉用具専門相談員業務に2年以上従事していることが受講の条件となっています。

また、操作方法や適切な商品選定に高度は技術を要する福祉用具については、リフトインストラクターや可搬型階段昇降機安全指導員の資格が必要とされています。

このように、福祉用具専門員の資格は、座って講義を聴くだけでなく、実技や試験も課されているのです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。