ホームスポンサー広告 ≫ 居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事ホーム資格 ≫ 居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事


介護保険制度創設によって誕生したのが、介護支援サービス(ケアマネジメント)です。

ケアマネジメントの目的は、保険給付の対象者である要介護者と要支援者に対し、個々の解決すべき問題や状態にあった利用者本位のサービスが適切かつ効果的に提供されるよう、多様なサービス提供主体による居宅サービス(保健、医療、福祉にわたるサービス)が、総合的、一体的、効率的に提供されるサービス体系を確立することです。

利用者が抱える生活上の支障は単一ではありません。

例えば、下肢に機能不全があって歩くことに支障がある人は、恐らく、立ったり座ったり、寝起きや着替え、入浴等の日常生活にも支障があると考えられます。

こういった支障のことを「個々の解決すべき課題」と捉え、課題解決の方策として、居宅サービスの利用につなげていきます。

さまざまな居宅サービスがありますが、その役割はいずれも「利用者の手となり足となること」です。

決して、「困っている人のために何でもやってあげる」という意味ではありません。

それでは、かえって、利用者の尊厳に背くことになるのです。

大切なことは、可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援することになります。

ただし、利用者が居宅サービスを上手に利用するためには豊富な情報や専門的な知識が必要になります。

そこで、個々の解決すべき課題と居宅サービスとを仲介しして、両者を結びつけていくのがケアマネジメントであり、その任務を専門職として携わるのが介護支援専門員(ケアマネジャー)です。

利用者と居宅サービスの間に存在するコーディネーターと言えます。
 

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ

関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。