ホームスポンサー広告 ≫ グループホームと医療との連携ホーム介護 ≫ グループホームと医療との連携

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループホームと医療との連携


グループホームでは、認知症の高齢者と介護職員が家庭的な雰囲気のなかで、自宅に近い生活を継続できるよう協力して暮らしています。

高齢になるにつれ、認知症以外に、がんの人、高血圧の人、糖尿病の人、脳梗塞の人など、さまざまな疾患を抱えている人がいます。

そのため、医師に往診に来てもらうなど、定期的に病院にかかって治療や検査を行い、薬をもらいます。

近年、グループホームに入居されている高齢者の介護が重度化していて、さらに終の棲家としてグループホームで死を迎える人も増えて来ました。

グループホームには、看護師の配置は義務付けられていないため、訪問看護のサービスを受けることにより、グループホームに入所している人が安心して生活できるようになりました。

市町村により時間や回数に差がありますが、看護師が定期的にグループホームを訪問し、入所している高齢者の健康管理や医療的な処置などを行います。

また、入所者のかかりつけ医との連絡調整の役割も担っています。

緊急時は24時間電話で連絡でき、体調がすぐれない場合、いつでも相談できる体制になっています。

看護師がいないグループホームでは、入所している高齢者の体調が急に悪くなったとき、介護士に対応や判断が求められる機会が少なくありません。

そのような事態に備え、看護師と介護士が一緒に研修を行い、情報や知識を共有する機会も設けられています。

日々の生活をともにしている介護士んのちょっとした気づきが、入所している高齢者の健康管理にとって重要なのです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。