ホームスポンサー広告 ≫ 住宅改修の仕事ホーム資格 ≫ 住宅改修の仕事

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅改修の仕事


病気や事故などにより、日常生活を送る上で何らかの支障が生じても、多くの人は住み慣れた家で暮らしたいと考えています。

60歳以上の高齢者が、身体が虚弱化したときに望む居住形態について調べた内閣府の調査によると、「現在のまま、自宅に留まりたい」と「改修の上、自宅に留まりたい」とする人が全体の約3分の2を占めています。

このことは、「住み慣れた家に住み続けたい」「愛着のある土地で、近隣との交流を続けたい」人の多いことが分かります。

高齢者は家で過ごす時間が長くなるので、バリアフリーだけでなく、快適に過ごせるよう、採光、通風、室温、窓からの景色などもよく考えて計画する必要があります。

住居の環境整備を整えることにより、継続して住み続けることができるようになり、住宅内事故や寝たきりになることを防ぎ、介護をする人の労力を軽減する効果もあります。

一般的に、住宅改修というと、介護保険を使って工事をする場合を指すので、ここでは、介護保険制度の住宅改修費支給の対象となる工事を住宅改修とします。

住む人の身体状況に合うように住宅の環境を整備し、住宅を使いやすく、継続的に住めるようにするためことです。

住宅改修を行う人は、その専門知識を生かして、対象者や家族に合った住環境整備の提案や各制度の活用の提案を行い、他の専門職に適切に伝える橋渡し役となります。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。