ホームスポンサー広告 ≫ 住宅改修の工事ホーム資格 ≫ 住宅改修の工事

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅改修の工事


介護保険の支給対象となる住宅改修は、以下の6項目が対象となります。

1.手すりの取り付け

2.段差の解消

3.滑りの防止および移動の円滑化のための床または通路面の材料の変更

4.引き戸等への扉の取り替え

5.洋式便器等への便器の取り替え

6.その他1から5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修


住環境の改善を上記に示した介護保険の支給対象の住宅改修のみで行おうとすると小規模です。

しかし、改善が十分でない場合、自費で大掛かりな住宅改造をする人もいます。

手すりの設置、段差解消、引き戸への変更、洋式トイレへの変更などの住宅改修の工事と福祉用具に利用により改善を進める際、被保険者の身体状況や行動および生活スタイルをよく考慮し、効果的に介護保険制度を利用して住環境を整備する必要があります。

要介護者のいる家庭では、浴室、トイレは、寒い、狭い、手すりがないなど、キッチンでは、流しの高さが合わないなどが一般的な支障となっています。

冬の脱衣所や浴室は、裸になるために身体も急激に冷やされやすいため、暖房設備や断熱性の向上といった配慮も必要となります。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。