ホームスポンサー広告 ≫ 福祉の国家資格とはホーム国家資格 ≫ 福祉の国家資格とは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉の国家資格とは


以前は、福祉の仕事には特に資格がなく、誰にでもできるものと思われていました。

ところが、国家資格として、1989年度には、社会福祉士と介護福祉士が、

1999年度には、精神保健福祉士ができました。

これにより、ある一定レベルの知識と技術をもった専門家であると認められる

ようになったのです。

さらに、2000年度から介護保険制度が導入されると、ケアマネジャー(介護支援専門員)

の資格をもつ専門家にしかできない仕事というものも増えてきました。

最近では、これらのさらに上位に位置付けられる認定社会福祉士、認定上級社会福祉士

といった制度もできました。

社会福祉士という資格を取ったら終わりということではなく、専門職としてさらに

レベルアップを目指していこうという取り組みです。

福祉は、専門家としての誇りややりがいを感じられる仕事です。

「プロにやってもらってよかった」と思ってもらえる専門家になることで、

より多くの人々を幸せにする可能性が高まります。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。