ホームスポンサー広告 ≫ サービス付き高齢者向け住宅で働く人に必要なことホームサービス付き高齢者向け住宅 ≫ サービス付き高齢者向け住宅で働く人に必要なこと

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス付き高齢者向け住宅で働く人に必要なこと


サービス付き高齢者向け住宅で働くためには、介護のプロとしての知識と技術が求められます。

入居者ひとりひとりの生活リズムや行動パターン、好き嫌いなどを把握し、その人にもっとも合った接し方や介護の方法を考える必要があるのです。

それには、まず高齢者についての正しい知識が必要です。

高齢者の気持ちや行動特性、高齢になると発生するさまざまな問題を理解し、どうしたらそれらを解決していくかを高齢者と一緒に考えていくのです。

また、介護の知識、病気や薬に関する知識、認知症高齢者についての知識など、具体的な支援をする際、必要となります。

サービス付き高齢者向け住宅で暮らす人は、年を重ねるにつれ、病気などにより介護が必要になります。

安全に介護するためには、介護技術の習得は欠かせません。

おむつ交換や入浴、食事介助に留まらず、声掛け、働きかけといったコミュニケーションも重要な介護技術です。

特に、認知症高齢者は身体は元気だけど介護が必要という人が少なくありません。

高齢者の介護を行うにあたって、介護予防にも留意しなければなりません。

本人の自己決定に基づき、できない部分だけを支援することで、要介護度の悪化を防ぎ、高齢者が自立した生活を送れるようになるのです。

干渉し過ぎず、見守ることも介護なのです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。