ホームスポンサー広告 ≫ サービス付き高齢者向け住宅で働くやりがいホームサービス付き高齢者向け住宅 ≫ サービス付き高齢者向け住宅で働くやりがい

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス付き高齢者向け住宅で働くやりがい


サービス付き高齢者向け住宅は、認知症がある人、介護が必要な人、自立している人など、個人に合わせて24時間365日、生活を支援します。

従って、これまでの生活歴や家族との関係などの情報を入手し、その人にもっとも合った支援をする必要があります。

さまざまなサービスを組み合わせて利用することで、入居者の夢や目標を叶えることが、サービス付き高齢者住宅で働く職員の使命と言えます。

入居している高齢者に「自分にもまだできることがある」「自分も人の役に立つことができる」という自信をもってもらうための演出をすることも、サービス付き高齢者住宅で働く職員の大切な役割です。

そのために、働く人が環境を整え、激励や感謝を伝えたりして、高齢者の生活の演出をするのです。

「この住宅に住んでよかった」と思ってもらえることが、働く人のやりがいにつながります。

それには、入居者ひとりひとりの理想の暮らし方を共に考え、その暮らしを実現するために、どんなサービスをどのように利用すべきか、その先の夢や目標に向かってすべきことを職員全員が共有し、その住宅で暮らす入居者の支援の仕方を考える必要があります。

定期的にケースカンファレンスを開催するなどし、入居者全員がよりよく暮らしていけるよう改善していきます。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。