ホームスポンサー広告 ≫ 地域福祉の重要性ホーム地域福祉 ≫ 地域福祉の重要性

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域福祉の重要性



現在、最期まで住み慣れた地域で生活することを多くの人が願い、国の政策もそのような方向で進められています。

1989年に発表された「ゴールドプラン」は、正式名称「高齢者保健福祉10ヶ年戦略」といい、介護が必要な高齢者が地域で生活し続けることができるよう、ホームヘルパー、デイサービス、ショートステイを在宅三本柱として、期間や人員などの具体的な目標を定めました。

施設から在宅へ、地域へといった流れはこのとき以来、一貫して進められています。

高齢者分野だけでなく、障害者分野も、この流れは同じです。

さらに、刑務所を出た人や長い間、精神病院に入院していた人たちも地域で生活するという地域移行が進められています。

つまり、地域には介護が必要な高齢者を始めとして、何らかの支援を必要とする人たちがたくさん生活しているのです。

こうした観点からも、現在、地域福祉が重視されています。

地域福祉にはふたつの意味があります。

ひとつは、地域の中で生活する支援を必要とする人たちがよりよく生きるためにさまざまなサービスが提供されること。

もうひとつは、地域住民自身がそうした人たちのために活動していくということです。

特に、後者の意味の地域福祉の推進を目指しています。

例えば、2008年に発表された「地域における新たな支え合いを求めて-住民と行政の協働による新しい福祉」という報告書では、「地域社会で支援を求めている者に住民が気づき、住民相互で支援活動を行う等の地域住民のつながりを再構築」する必要性が述べられています。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。