ホームスポンサー広告 ≫ 福祉業界の将来は?ホーム福祉 ≫ 福祉業界の将来は?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉業界の将来は?


せっかく勉強して資格を取り、経験を積んでキャリアアップしたとしても、

世の中が変わると、その仕事自体がなくなってしまうことがあります。

一生の仕事として考えるとき、福祉の仕事の将来性はどうなのでしょう。

どんなに世の中が変わったとしても、大勢の人たちが生きて暮らしている限り、

さまざまな問題が起こってきます。

むしろ、世の中がどんどん複雑になっていく現状、ソーシャルワーカーの出番は

益々増えていくでしょう。

ソーシャルワーカーとは相談援助をする者です。

病院にはメディカルソーシャルワーカー、学校にはスクールソーシャルワーカー

と呼ばれる人がいるところもあります。

日本は少子高齢化が進み、すでに超高齢社会に突入しています。

これは、65歳以上の高齢者が全人口の21パーセントより超えている状態です。

年を取ると身体が弱り、認知機能も衰えていき、医療と介護のニーズが高まります。

そうならないよう健康増進や介護予防を進めていくのですが、その大部分は医療と

福祉の仕事になっています。

これからの日本は、福祉サービスの仕事はどんどん需要が高まっていきます。

それどころか、逆に、成長産業であるとも言われています。

関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。