ホームスポンサー広告 ≫ 認知症サポーターとはホーム資格 ≫ 認知症サポーターとは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症サポーターとは


認知症サポーターとは、地域において認知症の人や家族が安心して暮らし続けることを支援するボランティアです。

2005年に厚生労働省は、「認知症を知り、地域をつくる10ヶ年」キャンペーンを実施しました。

その一環として、認知症サポーターを全国で100万人養成することを目指したのです。

一度は、認知症サポーターという言葉を聞いたことあるのではないでしょうか。

2009年5月31日に100万人という目標を達成でき、その後もどんどん認知症サポーターの数は増えています。

認知症サポーターになるには、講座を受講する必要があります。この講座は、全国キャラバンメイト連絡協議会で養成された講師(キャラバンメイト)が自治体等と協働して開催しています。

約90分の講義を受ける、認知症サポーターの証であるオレンジリングが交付されます。

認知症サポーターは具体的に何かをするわけではありません。

認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者として、自分でできる範囲で活動すればよいのです。

例えば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人の隣人としてできる範囲で手助けするといったことです。


にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

福祉・介護 ブログランキングへ
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。