ホームスポンサー広告 ≫ 要介護認定とはホームケアマネジャー試験対策 ≫ 要介護認定とは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要介護認定とは


ケアマネジャー試験対策
介護支援分野
要介護認定とその手続き

要介護認定とは
介護保険の保険給付を受けてサービスを受けるには、まず、被保険者である必要があります。

次いで、保険者の行う要介護認定あるいは要支援認定のいずれかと、要介護状態区分の認定を受けなければなりません。

要介護認定の手続きは、原則として申請から始まり、認定調査、主治医意見書の取り付け、一次判定及び二次判定を受けます。

ここで、被保険者が適切に要介護等認定を受けられるようにすることは、ケアマネジャーの業務の一つです。

従って、手続き全体の流れ、要介護認定を受けるうえで被保険者の留意する事項、手続きの内容などを正しく理解しておく必要があります。

また、認定の効力には有効期間が設定され、継続には更新手続きが必要です。

但し、介護保険が社会保険であることから、保険者が職権によって変更や取消を行うこともあります。

二次予防事業対象者(「介護予防・生活支援サービス事業対象者」または「新しい総合事業対象者」または「総合事業対象者」)は、この要介護認定の手続きの結果、「非該当」と認定された者として原則取り扱うことになります。


にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村

関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。