ホームスポンサー広告 ≫ 介護認定審査会の構成と合議方法ホームケアマネジャー試験対策 ≫ 介護認定審査会の構成と合議方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護認定審査会の構成と合議方法


ケアマネジャー試験対策
介護支援分野
介護認定審査会の構成と合議方法

介護認定審査会の構成
→保健・医療・福祉の学識経験者(医師会のメンバーや大学教授など)から選出され、5名を標準に、市町村の条例で定める員数の委員で構成する

以下の場合、委員の定数を3名以上とすることができる
→更新認定で、かつ委員の確保が著しく困難な場合等において、審査判定の質が維持されると市町村が
判断した場合

・委員の任命は市町村長(都道府県介護認定審査会では都道府県知事)が行い、その身分は非常勤の特別職地方公務員で、職務上知り得た個人情報等について守秘義務を負う
・委員の任期は2年で、再任できる
・原則として、市町村職員は介護認定認定審査会委員にはなれず、また委員となった場合はその市町村の認定調査員にはなれない
・委員は都道府県が実施する介護認定審査会委員研修を受講する
・委員は互選により委員長を選任し、委員長が合議体を招集、過半数の委員の参加で合議体が成立する
・議事は出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は委員長が決する
・介護認定審査会は、審査対象者やその家族、主治医、認定調査員等の専門家の意見を聴くことができる


にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村
関連記事

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 福祉系資格取得 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。